うつ病薬のオススメ

うつ病の原因はまだよくわかっていませんが、脳で働く神経の伝達物質の働きが悪くなるのと同時に、ストレスやからだの病気、環境の変化など、さまざまな要因が重なって発病します。

うつ病患者の辛さを減少するために、抗うつ薬は開発されました。今主流の抗うつ薬は四種類があります。

SNRI
セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬です。シアリス脳内神経伝達物質であるセロトニンとノルアドレナリンの両方の調整を行う作用があります。

SSRI
セロトニントランスポーターに作用し、神経細胞と神経細胞の間でセロトニンの量を調整するように働きます。不安症状を抑える作用が強いので、抑うつ状態のほか、不安症状が強い患者さんにも用いられます。

三環系抗うつ薬
うつ病を改善する効果を持つくすりです。その一方でセロトニン以外のアセチルコリンという神経伝達物質の働きを抑制してしまうため、便秘、尿が出にくい、口が渇くなどの副作用があらわれることがあります。

四環系抗うつ薬
四環系抗うつ薬は三環系抗うつ薬の副作用レビトラである抗コリン作用を少なくすることを目的として開発されたくすりです。

それらを開発された順に多少の重なりはありますが、古いものから並べると、「三環系→四環系→SSRI→SNRI」となります。一般に新しく開発された薬は脳内のターゲットにより選択的に作用します。治療効果はより高く、副作用はより少なくなります。