子供のころ、私は私に優をさせてくれた

子供のころ、私の記憶には綿あめ、甘い、美美、私は忘れられない.毎日楽しくて、屈託がない.朝、太陽に寝てお尻に入って起きて起きたのです.起きた後、食卓には朝食が豊富にあって、ご飯を食べてから、小さい友達と花園に遊んで、みんなはタカを捕えてひよこ、猫、かくれんぼ……遊びは楽しい.時には、見て巻いた祖母は、祖母にデパートへ買い物に行って、中の食品には色鮮やかな、人を見ていて涎を垂らす.その時、お祖母は私の小さい鼻をさして私に入って商店に入ります.その時、年齢は小さい、手はいっぱいで、歩く.私はよく家に帰って家を買って、私はいつも小さい猫、顔は、手にはすべて.幼い時、私は家の中の愛嬢だ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です