ペルシャとペルシャ部うつ病隊

アリさんは

卜でバビロン遊び十数日後、再び率いる親族供にした道を、彼らが来た百花穀,つまり乌里の巢窟.ここは美しくて.昔は昔のことを思い出し、感無量として、彼は往事を親族とお供にして聞いたことを思い出した.

アリさん卜準備百花穀滯在時間、彼を銀勒時計として呼ぶ磊様鍾前に、彼らがペルシャ都イス巴ニール行ってを見てみると、自分の婚約者と塔芷王女の現状.は、この期間に、Luce屯で統帥のペルシャ軍として約10万人が、その期間中、在库へ向かう道中、やぶれ城を攻略する準備を用意している.この部隊はペルシャ部隊だと知って、彼らの統帥をつかむには、お姫様の近況を探知することが決定した 勃起不全治療薬.そこで、彼に部隊、暗くなるまで部隊キャンプ、彼らが敵に来て帳簿にそっと触れ、統帥ルース屯のテント、見ごろは無人で、ついに前ルース屯ごとベッドを上げて行って.2人の神将神は幽霊を知らずにペルシア軍の統帥Luceに連れて行った.

ルース屯ぐっすりと眠っているない目が覚めて、アリさんという人卜先剣を置いてルース屯の首の上から、言いつけ人彼を覚ます.

ルース屯起こされてから、目を開けて見ると,が見えた首の宝剣光ること、彼は驚き、へどもど:あなた、あなたは誰、、何をして、速くて、早く、早く剣を持って開.

我々は誰で、私たちはアリさんは瀋卜の手下.」

ルース屯卜という名前聞いてアリさんは、思わず一颤体、彼の心の中はとても恐れアリさん卜、あえてたくもない彼は敵が,うつ病、ルース屯のような目が覚めて、目の前のことを信じないで、あなたたちは私と冗談でしょう?功夫と誰が功夫、あなたは愚かな豚ですと怒り出した.」そんなに私はどうやってここに来たの?まだ疑っても疑っても.あなたの犬が今を睁開、私はあなたがここに来たということを、私はあなたの犬は、私はあなたが私を見ることができました.

銀ル钟一をひねってルース屯の顔.

ルース屯振り返る銀勒時計見鬼のように顔をして、んってばと言って、坐倒で、今、彼は完全に信じてこのすべてが現実.

得意座を見て皿をねぶれの彼はすぐに地上から起きて、どすんと卜でひざまずいてアリさんの前に、続けざまに許しを請う.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です