桜桃は補血で、うつ病痛風再発、関節炎リスクを下げることができる

私は痛風が発生する機は多すぎる尿酸が関節の空洞形成に形成した炎症反応、患者は発作時よく痛みます、回復後も再発しやすい.尿酸濃度が高すぎると、多くは食べ過ぎるということが多い!山海の幸で、動植物の細胞内で構成される核酸成分プリン(purine)を経て、摂取が人体に入って、最終的に代謝尿酸.だから、高プリン食の摂取は痛風再発予防の主流となっているほか、特定食品が増加していないか,うつ病、痛風の摂取量が増加しています.

2012年じゅうに月、神経>と

を補正プリン摂取量は,アルコールや薬物使用などに関する因子後、回帰分析の結果:とサクランボを食べ比べサクランボを食べない、痛風発作リスクを下げることができて、35%、女性、痛風のリスク削減の程度は男性より明らかに.10~12粒が1部ずつと、2日ごとに2個のさくらんぼが可能で、1日2日3分~3分のさくらんぼは、61人の痛風発作リスクが低下します.もしサクランボを食べallopurinol合併服用降尿酸薬は、痛風発作リスクを75%.サクランボ抽出物と新鮮なさくらんぼ同様に痛風発作リスクの効果を可能にします.

別の証明され予防に痛風発作を助ける栄養素はビタミンC  ;は、多くの研究によると摂取量の高いビタミンC (毎日500ミリグラム以上)可能役割で腎臓の管、競争尿酸の再吸収を助ける、血中濃度を下げる尿酸、さらに低下痛風発作リスク.サクランボを含むごとだけじゅう~25ミリグラムのビタミンC,サクランボを痛風再発の効果は明らかにしないからビタミンCの貢献.桜桃に豊富なアントシアニン、抗炎症と抗酸化の効果が確認され、痛風関節炎による痛みも低下します.

P痛風の予防は、主に頼りになる飲食制御と薬物治療.しかし、粗食は根気よく続けることは容易ではなく、薬物それぞれの副作用も多く心配している.ビタミンCとサクランボは、痛風予防にも1つの予防にともなっていたが、ビタミンCとサクランボは再発予防にも1つの薬が提供されていた.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です