夏運動、うつ病6大原則は「熱病」が発生して発生する

台灣の亜熱帯気候、夏の形態に及ぶ可能性も半年以上、高温の環境の中で、多数の人をよけて冷房の中、外出時に遭って避け烈日灼眼身が、趣味はスポーツ者については、晴れて日光の下で思う存分ベンツ、汗まみれになって背中、むしろ大きな楽しみ.しかしもし見落として暑い中運動を引き起こす可能性を未辛保護措置は、いい後は悪いによって殘念.

人にとって,熱量の出所は2つの部分:内因性と外因性に分けて、人類にとって、熱量の出所は2つの部分:内因性.内因性の熱量は体内の中の脂と脂肪の代謝によって発生します;外因性の熱量は外界の温度が大きい体の温度が大きい体の温度の温度の温度の温度の時、であることを通じて、輻射、対流などの方式は人体に伝わります.

運動時、膨大なエネルギー需要に応じて、体の代謝率は運動の強さと時間とともに増加し、体内のコア温度も徐々に上昇します.この頃、体の熱システムは、高い身体温度で多くの大切な器官を傷つけ、汗を流すというのは,うつ病、この放熱システムで一番重要なメカニズム.汗は蒸発の過程で、体の大量の熱量を連れ去らて、それでは速くて高すぎる体温を調節することができます.

高温の環境で運動し、外因性の熱量は放射線(直接の光照射)、対流(熱風)及び伝導が大量に伝わります.

時の湿度が高くて、汗が蒸発して蒸発し,放熱システムには機能が発揮できず、熱病が発生する可能性があります.熱風を含む熱けいれん、熱不全、熱失神や暑気あたり、小にしては筋肉の痙攣して、深刻な者意識、生命を脅かす可能性さえ
勢力剤.だから、蒸し暑い気候で運動は危険でアドバイスされない.

また、子供、老人、肥満や体の適用が不振で、最近はウィルスに感染されて上気道症状や胃腸炎の人も、増加する可能性がある罹患熱病の危険性を避けるために高温の環境下での活動.

私たちはもっと安全に暑い時に運動することができることを提供することができます:

1日中で最も暑い時間を避けて、即ち午前十時から午後3時の間に運動、時間は配合して、できるだけ朝あるいは夕方運動することができます.また、もし室外の温度高於摂氏32度やあまり蒸し暑くて、も提案しない従事アウトドアスポーツ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です