もっと良い医療、うつ病「健康」を願いたい!

世界は違う、病気を治す関係のようではないが、この団医療苦境は、罵健保以外は、憎み.

医療現場に寄り添うようなことは、そうではないという.多くの医師、チーム、病院、もっと良い医療に奮戦ため、変えて今進行式.

「康健』全省透透取材記者走って報い:台南奇美を見て「爽やかが一番病院の救急室に行った病院、台東聖母本当に人を出発点の世話と品質、引っ越したい台東、取材で、医学界の大老の島の時刻を歌詞は、彼の声を読み空がだんだん光、遮がひとしきり人を守るために私の夢、割いっそう勇敢な人.でも、院長の手紙は、院長の手紙や理念、理念、政治人物、医界大老3、4時間で訪中後、まだしきりに帰ってきて続けているということです.

実はみんなもう見医療苦境も多いしたい.

この『康健』での映画、ドキュメンタリー映画、フォーラム.ビデオ総監罗仪修よくカメラの後ろに涙もろい、振り返ると、取材記者も泣いてる.

どうして取材医療苦境人こんなに感動して、見て、曾沛瑜取材李佳欣半年の感じ:

ベテラン記者李佳欣:

「誰も必死でも、疲れたが、知らない衝何、陽明大学保健福祉研究所教授と李玉春医療現況、にする
痩せ薬専門店.

本当に容易でないため、背後にあるのが簡単ではないためです.問題は往々にして1個の釦を掛けて、人に手がないことを感じさせません.現状の妄想には,どこにも、仲間、あちこちゆきづまる、他人にまで何もしない、という妄想がある.このように、自分を変えて、自分を変えて、あちこちで仲間を探し、同僚や上司や政府の医療スタッフ、毎回インタビュー後、感心させます.を変えるのは難しいが、かならずたいことに人が先に始め、才能を打開する、創造の緩み体制のブリーチ.

ベテラン記者曾沛瑜:

彼らはすべて私の生命の経験に対してすべて私の生命の経験を持っていることを言うように言います.医療崩壊は、メディア崩壊、病院、衝撃,その業績は、メディアの衝撃には、その流れについては、その流れ?パフォーマンスガイドの時代、理想は、私たちのわずかな救済.まるで健保会郑守夏人身安全言った、「医学界だけではない.健康保険金を話さないか加ビジョン!理想こそが,うつ病、先の道を導く.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です