何を食べろく項調補血血気美顔食療のうつ病方

1人の容貌と精神の影響は非常に大きく、人をとても憔悴に見えるようにしてみては.じゃああなたは何を食べて何を食べますか?補血の食べ物はどれらがありますか知っていますか?あなたは何を食べて何を食べて良いことを知っていますか?今日小編推薦みんなにろく項調血気美顔食療の方、一緒にでしょう!

「p棗ナツメピーナッツ山芋雑炊

1つのナツメ10個、ピーナッツ45グラム、山芋1段、米100グラム.

山芋、山芋、棗、赤いナツメはきれいに洗います.適量、先に山芋、ピーナッツ、ナツメを煮ます、それから米を入れ、スプーンで攪拌、鍋を攪拌.10分煮るといいですね.

効果:赤いナツメは補って血気,うつ病、健胃の作用睥 媚薬 比較;ピーナッツ赤いさえ一緒に食べると胃,内臓を強くするだけでなく栄養調査ガス,補血;山芋脾臓の健胃、補う中に益の息.このかゆ养脾補血、滋養顔.

ナツメ茯苓粥

材料:大きいナツメじゅう枚、茯苓さんじゅうグラム、うるち米ひゃくグラム.

制作:赤いナツメ洗浄を切り開いて核に行って、うるち米茯苓つぶしと共におかゆ、朝食を作って食べる.

効果:ナツメ性の暖かい味の甘、補う中に益の息、血を鎮めて;茯苓利湿健脾臓が安心、寧神.このかゆ好みの機能の差に適して、血気の不足、顔色唾液萎黄ない者は食用沢.食べては皮膚を潤すことができて、皮膚の弾力性とつやを増加します.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です