女性はこのうつ病ように洗ってもっと健康に洗って

清水の一番安全

は清水の一番安全

という観点です

张娜(22歳、俳優の):私のお母さんは婦人科医に、彼女はいつもしきりに懇望:女のあそこは最も温室育ちのない、勝手に悪用ローション、そして市場の液体の白飯に砂、西洋薬類、漢方薬の種類、植物の種類がうまくいかずに液体の方で、清水洗濯は最も安全な.私の仕事は忙しくて、無規律で、しかし私はずっとお母さんの話を覚えて、清水で最もか弱い部位の部位を洗います.

には、ケア液が一番さわやかな

を看護液が一番さわやかです

周亚男(27歳、投資顧問):作女水で洗い流して、毎日毎日、味、特に子供を生み終わった後に私はいつもきれいにしない下に.私たちのこの職業の毎日と顧客と接触して、私はいつも心配することができて、毎日きれいに私の生活の中で1件の重要な事になりました.洗濯は体に悪いと言われている人がいるが、私は選んだローションは問題ないと思います.

吴名真(34歳、大学の講師):私は毎日用ローションも、すでに比較的に慣れた.その特殊な部位には科学的な水ではなく、その部位の油性の分泌物と汚れを取り除くことができないためです.石鹸で洗うと、正常の酸を破壊し、抗菌力が低下し、陰部かゆみ,異臭などが現れます.

P3:ローションは少ないというのが少なくなります.私は赤ちゃんに哺乳をします:私は赤ちゃんに哺乳する時に、1週間に1度の液体(普通はすべて週末です)、使ってから体のいっそうさわやかに、なめらかに、も自分をリラックスして自分をリラックスします.今は赤ちゃんが大きくなって、私は普通に3日は1回、月経の頭は何日で、月経の後期は毎日使って毎日使います.月経期に持ってきたにおいを取り除くことができ、消毒、消毒の作用があると考えています.ただし、一定の化学成分が含まれています
バイアグラ.

P専門家解答:

現実の中でいくつかの女性が長期に使用過マンガン酸カリウムなど清潔陰門と洗浄後、最もきれいで、感染防止泌尿係といくつかのよくある婦人病.過マンガン酸カリウム利益より弊害が多い.これに対して医学の専門家も与え結合臨床経験を持ち、弁解.

北京友誼医院の医学専門家によると、長期使用過マンガン酸カリウムや女性外用薬清潔陰門は,うつ病、利益より弊害が多い.

の正常な情況の下で、膣内に大量に存在していた膣菌、それらは細胞の中で貯蔵のグリコーゲンを分解して乳酸、膣内形成一種の酸性環境のために各種病菌の生長の繁殖.もし頻繁に使用過マンガン酸カリウム溶液洗浄と,大量の膣菌を殺すために、酸度を変え、病菌が揚げ足を取る婦人科の疾病を引き起こす.

p膣の秘密

みんなは知っていて、健康成年女性の膣表皮に大量のグリコーゲン堆積、同時に膣内に寄生しても一定数量の乳酸菌.糖原質膣の乳酸菌の作用」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です